リフォームの流れや水回りの施工事例を紹介!目的を洗い出して確認しよう

リフォームの流れや水回りの施工事例を紹介!目的を洗い出して確認しよう

いざ住まいをリフォームする段階になって、流れが分からずに不安になってしまうという方も多いでしょう。リフォームの施工事例が分からなければ、どんな内容を施工できるのか分からないため、イメージを膨らませるのは難しいのではないでしょうか。 本記事では、リフォームの流れや水回りの施工事例を紹介しているので、参考にしてみてください。

1. リフォームの流れ

リフォームの流れ

水回りにしてもその他の場所にしても、基本的なリフォームの流れは変わりません。ここでは、利用者視点でリフォームの流れを説明します。

1-1. リフォームの目的をはっきりさせること

最初に大切なのは、リフォームの目的をはっきりさせることになります。なぜなら、一口にリフォームといってもさまざまな条件があるからです。たとえば「家全体なのか」「水回りだけなのか」「バリアフリーにするのか」などさまざまな条件があります。 そのため、ご家族で住んでいる家に対して感じている不満をリストアップしてください。間取りの内容だけではなく、建物の構造に関する問題にも着目しましょう。部屋の暗さやキッチンの使いづらさなど内装に関する不満は多くの場合すぐに出てきます。しかし、「断熱性が低いのでは」といった構造に関する内容は、すぐには出てこないでしょう。とことん話し合って、不満や疑問をあぶり出すのがおすすめです。

1-2. リフォームのための情報収集をする

リフォームの大まかな目的が決まったら、具体性を持たせるために情報収集をしましょう。その際、ネット情報やリフォームに関する書籍やインテリア雑誌なども、想像を膨らませるために役立ちます。 いよいよリフォームするのが現実的になってきたら、リフォーム会社や住設メーカーに行って実際に確認するのも大切です。自分で見て触って確かめたら、より具体的な想像をする事が簡単になるでしょう。

1-3. リフォーム会社を探す

依頼する会社ごとに強みや詳細な内容が異なるので、リフォーム会社を探す際は、複数の会社を比較してみてください。なぜなら、水回りが得意な会社もあれば、バリアフリーのリフォームが得意な会社もあるからです。リフォーム会社を複数比較することにより、各社の強みが分かるので希望に合ったリフォームができます。

1-3. リフォーム会社との契約を行う

希望に合ったリフォーム会社が見つかったら、いよいよ契約を行います。このときに大切なのは、リフォームプランや見積書をしっかりチェックすることです。とくに、以下の内容に注目してチェックしましょう。 ・担当者は誠実な対応をしてくれるか ・リフォーム内容が希望通り適切か 不明点があれば曖昧にせず、担当者にきちんと尋ねる必要があります。

1-4. 契約内容をチェックする

判子を押してしまうと後戻りできないので、契約内容もしっかりチェックしてください。不安を少しでも和らげるためにも、以下を確認するといいでしょう。 ・希望に合わせた契約内容かどうか ・料金の支払い時期・支払い方法の確認はしたか ・何かあったさいの保証についてきちんと聞いたか ・施工が完了した後のサポートはどの程度してくれるか

1-5. リフォーム開始

リフォームでは、ほこりや騒音などでご近所に迷惑をかける可能性があります。そのため、リフォームすることをあらかじめ伝えておきましょう。日程まで伝えると親切です。

2. 水回りのリフォームの事例を紹介

どこをどのように変えられるのか分からないため、リフォームすることを決められない人も多いでしょう。ここでは、水回りのリフォーム事例を紹介します。

2-1. キッチンの場合

たとえば、独立した状態のキッチンとダイニングを連結させた事例があります。比較的新しいシステムキッチンを使用しているのなら、そのまま利用すれば新しくなった周囲との調和がとれるのです。キッチンスペースに温かみを出すため、収納部分に木目調の素材を導入しました。また、部屋全体に開放感を出すため、キッチンのシンクや作業部分にある壁を抜いて、壁付けだった間取りを対面式にしています。

2-2. お風呂場の場合

現在のお風呂で一般的なのはユニットバスなので、前もって工場で作った部品の組み立て作業が必要です。いままでの在来工法(タイル風呂)からユニットバスに変更やユニットバスから新型のユニットバスに交換するのが、お風呂場のリフォーム事例として挙げられます。 お風呂場と密接していることが多いトイレや洗面所は、お風呂場と合わせてリフォームすることもあります。お風呂場のリフォームでは断熱の質が上がるので、光熱費を節約したい方にも向いているでしょう。

2-3. 洗面所の場合

洗面所のリフォーム事例はさまざまです。たとえば、今まで使っていた洗面台を新しくする事例や、手を洗いたい場所にちょっとした手洗い場をつける事例があります。今まで洗面台が無かった場所に増設する工事と、ちょっとした洗面台だけをつける工事の工期は違います。また、工期は家の環境によっても異なるので、リフォームを施工する内容によって工期が違うことに注意しましょう。

3. まとめ

リフォームの流れや水回りの施工事例を紹介!目的を洗い出して確認しよう

大まかなリフォームの流れや、水回りの施工事例を説明しましたが、想像が膨らみましたでしょうか。リフォームは漠然とした希望をはっきりさせて、都度担当者に確認するのが大事です。そうすれば、施工後に「思っていた内容と違う」ことを防げるでしょう。 「株式会社グローアップ」では、水回りのリフォームを得意としています。TOTOやタカラスタンダードなどから施工認定を受けていることが弊社の強みです。水回りのリフォームをご検討されているかたは、まず一度お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせ

  • 電話番号: 0120-700-114
  • お問い合わせ
  • growupPCTop_02_07
  • growupPCTop_02_09
  • growupPCTop_03_06

営業時間:9:00~18:00

本社:〒253-0005 神奈川県茅ヶ崎市松風台2-16
藤沢営業所:〒252-0823 神奈川県藤沢市菖蒲沢978-2 ハウジングビル2A
TEL:0120-700-114

【建築業許可】神奈川県知事許可(般-1)第86432号